--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/11/21

スファライ99 vs ウルスラグナ99[ 実戦と考察 ]

以前、こんな動画がある事を思い出しました。


時代はLv99。
ウルスラグナ99<もう勝負はついてるから
スファライ99<…若造が、戯言を

…等と言う中二病全開なノリを踏まえて、
裏の丁度の敵repより、
スファライとウルスラグナの比較を考察してみます!

▼前提
・装備はスファもウルス以外の防具は同じ
・敵はデュナミス=バルクルムの丁度の敵
・PT編成、敵を狩るペース、混雑具合も極力同じ状況に再現
・中の人の操作は同じ
・WS装備/スファライの四神円舞(STR145/DEX164)
・WS装備/ウルスラグナのビクトリースマイト(STR183/DEX149)
・通常のクリティカル率30-34%程
・Vスマ時のDEXも通常とほぼ同じにし、WS時はクリ率+5%装備

****************************************
▼各平均ダメージ/実測ダメージ
・ウルス(裏2回分)
通常 - 238-243dmg(240dmgと定義)
ビクトリースマイト - 2,634dmg(90発以上)

・スファ(裏10回以上分)
通常 - 272-280dmg(275dmgと定義)
四神円舞 2500-2600dm(1000発以上)

上記より、裏では四神 = Vスマとなっています。

****************************************
▼通常攻撃の差
ウルスは間隔351、スファは間隔386なので、
攻撃回数の差はウルスが約10%多くなります

上記の通常から、ウルスをスファの攻撃間隔として計算すると
240*1.1 = 262dmg、通常攻撃はスファに負けてる事にになります。

この差は武器の差ではなく、

・敵との攻防比(ウルスだとスファに比べて攻撃力-30)
・ウルスのアフターマスLvと攻撃ターン数
(スファの3倍撃は変動無しなので、左右されない)

こちらの影響が大きいと思われます。

格闘スキル440のモンクの素手D51から武器のD値を加算すると、
ウルス/51+42=93、スファ/51+52=103
ここから10%をウルスに加算 93*1.1 = 102.3とほぼ僅差。

ウルスのアフターマス次第で
上下関係がひっくり返る面白い状況です。

裏だと弱点を付けない場合、後ろを振り向いたり、
場所から場所への移動に時間がかかったりと、
アフターマス維持が難しい状況もあり、
エンピには不利な環境下にあると言えます。

▼WSDの差
ウルスにはエンピリアン三強の一角である
ビクトリースマイトがありますが、デュナミスというフィールドは
ここでもレリックに味方をします。

今のエンピ三大WSは、
「WSDはメリポWSに劣るモノ、クリ率補正での攻防比変動で逆転」
という位置付けです。

裏でのWSDは、下記サイトより計算してみました。
ダメージ電卓(仮)

・ウルス99/Vスマ(STR185/DEX148) -1039
・スファ99/四神(STR145/DEX164) -1290

攻撃力が極端に高い状態だと、
攻防比2.0になりWSのダメージは頭打ちになります。

クリ率補正のWSはここから更に+1.0増え、攻防比3.0まで可能なので
ウッコ・ビクスマ・秘は、強力なWSとしてアビセアで圧巻しました。
(アビセアでは更にクリティカルダメージも味方になるので圧勝です)

新裏の敵は、楽-Lv76-78、丁度-Lv95-96なので、
丁度の敵の場合はほぼLv差補正での攻防比キャップ値減少がありません。

▼スファライ/四神円舞の机上ダメージ
ここから四神円舞の平均ダメージを机上計算してみると、
1290(WSD) * 2.0(攻防比) = 約2,580dmg

実測値と差があるのはDA/TAの加算で吟味しておらず、
5%のミスやオーバーキルも考慮するとほぼ近い数値になります。

▼ウルスラグナ/ビクトリースマイトの机上ダメージ
次にビクトリースマイトの平均値を机上計算してみると、

1039(WSD) * 2.0(攻防比) = 約2,078dmg
1039(WSD) * 3.0(攻防比) = 約3,117dmg

通常攻撃とWS装備でDEX値は極力減らしていない為、
クリ率は通常とほぼ同じ(30%程)にVスマのTP100でのクリ率補正+10%に、
装備補正+5%でクリ率45%と仮定して計算すると、

2078*0.55(クリ無し) + 3117*0.45(クリ発生) = 約2,545dmg

こちらもDA/TAの加算、5%ミス、オーバーキルを吟味すると
ほぼ実測値と近い数字にになります。

▼裏でウルスがこの先伸びるには?
上記装備は通常時、タウマス胴で計算してあります。

Vスマのダメージを延ばすだけであるなら、
インピタンス中はタントラ胴+2を装備し続ければ
最大クリティカルヒットダメージ+50%の恩恵も得られ、
両手にTA乗ると理論上は「8,639dmg」を叩き出す事も可能です。
(因みに四神円舞は、「5,144dmg」が理論値でした)

タウマス胴はDA+20%換算の胴なので、
通常を落としてまでタントラ胴+2にする価値があるかは、
今後検証する上で面白い判断材料になるのでは、と思っています。

▼被弾率とカウンター率の差
モンク99のカウンターは通常12%、メリポ加算+5%、スファ99で+13%。
つまる所、攻撃装備においては、

ウルス-17%、スファ-30%
と言う計算になります。

…というのも全ては正面から殴られてる事が前提です。
実際の裏では四方八方から敵から攻撃される事も多く
実測値としては、

ウルス - カウンター率10-15%、被弾率30%
スファ - カウンター率20-25%、被弾率20%

という形になっていました。

数字で見ると大したことないように見えますが、
被弾率はウルスの方が1.5倍多い事になり、
プレイしてる方としては目に見えて体感できます。
(特に3-4匹リンク時の生存率は格段に違います)

▼総括
検証して計算すればするほど、
スファとウルスの非常に絶妙なバランスを見て、
非常に愉快な気分になりました。

装備を考える上でも、
「これは装備を吟味するのが面白い」と思える
とても良い関係にあると言えます。

今回はデュナミスを中心にスファの良さを紹介しましたが、
バローズ、旧サルベージを始めLv75コンテンツでは裏同様に
スファライの方が遥かに使い勝手が良いと感じています。

逆にウルスは、アビセア、VW、レギオンとスファに比べると
対象コンテンツが直近、またはエンドコンテンツよりな装備。
何より一撃の最大ダメージはVスマが上であり、華があります。

今後、これら二つの武器を如何に上手く使いこなすか、
もう一つの最強武器グランツファウスト
グランツファウスト99

を検証できる日を夢見て、総括とさせて頂きます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。