FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/18

デュナミス貨幣稼ぎ(シーフ考察)

75時代のメリポの楽しさは徐々に自分が強くなっていく点、
状況に合わせてチューニングした結果が目に見える形で
数字に表れる点だと思っています。

今のデュナミス貨幣稼ぎも同じことが言え、
装備を考察、より動きを洗練する作業は非常に楽しいものです。

75時代のメリポはもう経験できませんが、それに近い作業は
今のデュナミスで貨幣取りを兼ねて行えるのではないでしょうか。

今回は、シーフで如何に効率よく稼ぐかをテーマに検討したいと思います。
まずはこちらの削り結果。

裏repその1
裏砂浜、貨幣648枚(サボテン、グーブ、フライトラップ)
シ-マンダウ99+オイノス(バイソン)
モ-スファ99(2垢/バイソン)
暗-ラグナ99(レッドカレー)

裏repその2
裏砂浜、貨幣617枚(サボテン、グーブ、フライトラップ)
シ-マンダウ99+コルスカンティ(レッドカレー)
モ-スファ99(2垢/レッドカレー)
暗-ラグナ99(ヘルズステーキ)

▼オイノスナイフ vs コルスカンティ
装備A … マンダウ+オイノス(バイソン)
装備B … マンダウ+コルスカンティ(レッドカレー)
通常削り差
装備トータル平均最大最小攻撃数命中率クリ率
装備A350,371106820463282/345794.9%13.7%
装備B354,296131935562694/282795.3%25.8%

不意マーシーストローク差
装備/状況トータル平均最大最小回数
装備A86,73233354646276926
装備B127,99236565014243035

食事差、弱点運などもあるのでトータル削りはケースバイケースですが、
通常の攻撃回数差は目に見えて代わっているもの、
平均ダメージ差がかなり目に見えたものに。
食事面の有利性(コルスがレッドカレー)を考えると、
支援薄の状態でのオイノスナイフの素晴らしさがよくわかります。

感じたのは殆ど差無し、WSも含めて楽しめるのはコルスという自己結論でした。
丁度、DEX140-150近辺はDEX-AGI差でのクリ率が上がりやすい閾値、
という点もクリ率から分かるのではないでしょうか。

▼片手ジョブの通常はクリティカル率がポイント?
通常とクリティカル差
装備通常平均クリ平均
装備A96174
装備B109195

20120615画像

通常とクリティカルのダメージ差は目に見えており、
片手ジョブはクリティカルで削るのが重要になりそうです。
首は「ネファリアスカラー」が優れている気がします。

もう少しチューニングして検討を重ねたいものですね!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。