--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/06/08

白魔の素晴らしさ ~その1 白は赤の劣化ジョブ?~

こんばんは、りねです。
このゲームをプレイしている方なら心のメインジョブ、
というのがあるかと思いますが、プレイしていて楽しいジョブ、
というのもあるのではないでしょうか。

私の心のメインジョブは黒魔ですが、プレイしていて楽しいのは白魔だったりします。
赤魔や吟遊詩人、忍者やナイトといったジョブも楽しいですが中でも白は格別です。

勿論、単純な能力で言えば赤の方が遥かにハイブリッドなジョブですが、
最近の白魔の調整は白が白として輝く追加要素が非常に多いと感じております。

※以下、この先の内容はLv75の白魔を前提としています

▼多くのコテンツにおいて、白魔の扱いは不遇
「ケアルタンク」という言葉をご存知でしょうか?
http://wiki.ffo.jp/html/458.html
(FF用語辞典/ケアルタンクより)

単純にPTメンバーのHPが減ったのに対し、ケアルだけを淡々と行う事を指すようです。
これは空蝉もない時代、レベル上げにはケアル役必須という時代背景から生まれた
侮蔑の言葉ではあり、悲しい事に今でも様々なコンテンツで同様の扱いが見受けられ、
その結果白の中にも「ケアルでのもぐら叩き」が基本となってる方もいます。

最近ではここから「ヘイスト」も要求事項の一つとなり、
「後衛はケアル、状態回復、ヘイストの三拍子があればいい」と思う方が増え、
更にこの考えが発展すると「白は赤の劣化ジョブだね」とまで言われる始末。


▼ケアルタンクってそんなに悪いの?
勿論、今でもケアルタンクが必須な状況もあります。

・敵の攻撃力が強力で、PCも前衛中心(盾不向き)で固めて押し切る時
・盾を死なせない状況下を作るとき

前者の具体例として、サルベージが良い代表例ではないでしょうか。
「モ/忍」等の蝉前衛ジョブで盾兼任アタッカージョブを用いたとき、
敵のWSなどで被弾した際にケアルを多めでないと危険な状況下が多くあります。

後者はHNMなどの戦闘時、盾を死なせないよう過剰ケアルをするような状況下です。
どちらも大きなポイントは、「ヒーラーは盾のHPを常にMAXを目指す」という点。

最近では前衛中心の構成で押し切る戦術も多くなり、
短期決戦の場合、後衛はケアルタンクを強いられる事も増えています。


▼白をプレイするとき、赤と同じプレイをしない!
最近では赤&白両方75という方が増えています。
両方75の方を見ると「赤も白もプレイスタイルが同じ」という方も見受けられます。

赤白の共通点は…、

・ヘイスト回し
・ケアル、状態回復(赤/白の場合)

上記になるわけですから、赤と白とで同じプレイスタイルをすると
ファストキャスト/コンバード/リフレシュがある赤の方が有利になるのは当然です。

では、白が白らしく動く為にはどうすればいいのでしょうか?
次回、上手な回復の仕方をまとめてみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。