--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/01

新年度とアビセアンNM

ご無沙汰してます。

最近ネタ切れかと思っていましたが、2月下旬のヴァナフェス2010にて
まさかのレベルキャップ解除の話があり驚いています。

私生活の関係から以前のようなプレイは厳しいもの、生涯で一番プレイ時間が長い
FF11の果て、という物を見納めたいな~と思っています。

さて、9ヶ月近く殆どプレイする機会がなかったので、
リハビリを兼ねて3/23のバージョンアップ前にサルベ、デュナミス、
過去クエスト、花鳥NM、海NM等を一通りやり、操作と勘を取り戻しました。

私がいない間にフォモルNM、過去エリアを始め様々なNMが追加されており、
非常に新鮮な気持ちでプレイする事ができ満足。

以前に比べレリック・ミシック所有者の数が増え、3/23のバージョンアップ以降は
Remora鯖の方々も合併でご一緒するようになり至る所で見かけるようになりましたね。


そんな中、今日は先日追加されたアビセアンのNMについてお話します。

アビセアンNMの特徴
・ほぼ全NMの移動速度が速く(+25%程?)、物理主体の敵はマラソンが厳しい
・グラビデ、バインド、スリプルは効かない(一部例外あり?)
・弱体は絶対耐性を除き、比較的入りやすい部類
・step2以降のNMは、2hアビを無限に仕様
・魔法を唱える敵は範囲魔法(ガ系)を多様
・戦闘の状態で強力な物理カット、魔法カットを有するときがある
・step4の敵は範囲外に逃げると消滅する

これまで主流だった空蝉盾、足止め、マラソン戦術が余り有効ではない敵が増え、
スタンを多様しナイト盾で耐えつつ削るという古い戦法でないと戦闘が厳しい敵を
何匹か見かけました。(主に百烈拳を無限に使用する敵)

これまでのコンテンツに比べて手軽である上、
単に物理だけでなく、魔法、遠隔など幅広い攻撃手段も求められ、
稀に見る良コンテンツではないでしょうか。(報酬の+6リングもGood!)

LSメンバーを呼びかけ、北国(STRリング)、サンドリア方面(MNDリング)を中心に
10名ほどメンバーでコンテンツを楽しんでいます。


▼Krabkatoa - 巨大カニ(MND+6リングを稀にdrop)
構成例)モモ侍赤白吟、白赤召シ
Krabkatoa戦 dropその1

サルベージ感覚で蝉盾メイン、召喚&狩人削りサポート。
hateリセット用に保険で白はサポ忍者、10-15分程で討伐可能。
Krabkatoa戦 dropその2

新WSさえ気をつければstep2のピクシー、カエルの方が強いと錯覚してしまう程。
repはこちら


▼Lord Ruthven - ヴァンピール(STR+6リングを稀にdrop)
構成例)ナナ白白赤吟、吟侍狩シ
Lord Ruthven戦 drop

ナイトで挟み、ケアルhateとだまし討ちでhateコントロール。
ケアル無効になる「呪い」用に白のソラス/サクリファイスは必須。

最初、蝉盾主体のPTで挑んだところ反撃スパイクで回復が追いつかず、
戦闘中にPT編成した記憶があります。


dropは+6リング 1/7、称号 1/7、step4トリガーへの変化 1/7。
おや、運が悪いかな?(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

更新きた! 勝つる!!(`・ω・´)

運が悪いのはLS補正。(笑)

週明けのレス

>Uタル*2さん
更新するにもネタがなかったのもあり、
うちのブログでは、

・攻略サイトにはあるやり方とないやり方を両方やり比較
・特定分野に特化した詳細な情報(海NMの背とか…)

等を中心に記事にできればな~と思ってます!

>つんさん
豚ツイン補正かもしれませんよ?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。