FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/11/18

私が11に復帰しない理由(ver2013年11月

▼今月上旬のFF11のアップ内容要約
・RME強化実装、現段階での難易度はLv95時代のヘヴィメタ500個くらい
・新SP実装、すぐに使える、面白いものから実用的なものまで
・新エリアと新七支公実装、新エリアはLv110-115程でかなり強め
・ワイルドキーパーレイヴが15000戦績に緩和され、周回ツアーが流行ってる
・新しい魔神印章での高難易度BF実装、1PTで歯応えある難易度

少しやった感じですが、7-8月のお葬式アップに比べると格段にいいバージョンアップです。
7月頃までに実装されたアップなら私も含め、かなり歓迎された内容だったと思います。

ですが、うちの周りの人も多く言ってますが「遅すぎた、かな」と言うのが正直な意見。

<新エリアとワイルドキーパーレイヴの緩和はイイ>
まずは良いところから。
新エリアの冒険感は健在、氷雪エリアは多くやや新鮮さは薄れますが、
洞窟の中にキャンプがあるトコにリアリティを感じたりします。

開放感あるマリアミや、淀んだ迷路なヨルシアと比較には主観だと一歩劣りますが、
水田さんの新曲は臨場感を補ってくれます。
(モリマーやNTLのフィールドや、ダンジョンBGMも新曲にしてほしかったなぁ)

七支公の強さ、挑みやすさにもメスが入り気軽に連戦できるようになりました。
今でもサーバーによっては討伐シャウトが盛んに行われ、
早いと3時間で6匹倒され周回しているサーバーもあるそうです。

募集シャウトはノリが良く、ソロでも気軽に参加しIL115相当の装備が取れるので
復帰組もメナス連戦に参加できる挑戦権を得られ、
すぐ強くなった自分を早い段階で感じる事が出来ると思います。

この辺り、ライト層を強く意識していると感じます。

<RME強化の難易度と性能>
ヘヴィメタ1500、マロウ5よりは優しくドロス60とシンダー60の中間くらいの難易度。
今後の流通量は小袋(5-15個)、大箱(50-99個?)も同時に実装されているので、
徐々に緩和される雰囲気は感じられます。

性能はミシックは頭1つ上、レリエンピも使い所を分けられるいい調整。
とはいえ、オアティフールとスファ99はLv75時代のデストとスファくらいの違いであり、
スファが頭1つ上と感じますが、卓上計算でも2-3%程度の差だと思います。
(動きの良いオアティなら、少し慣れてないスファを越せるくらいの性能差)

個人的に、エンピWSのWS威力アップくらいは付けて良かったかなぁと感じてますけどね。

<何故、またフルアラのメナスをやらせるの?>
しかし、RME強化に既存メナスと絡めたのか…これが共感できません。

いや、新しいメナス2も同時に実装したのなら大歓迎ですが、
何故100回近くプレイした層にメナスをまたやらせようとするのでしょう。

デュナミス、サルベージ、VWとハムスター運動に慣れているからというのは否定しませんが、
メナスの流通量を見る限り、フルアラで挑みRME強化を集めるのは非常に効率悪く理解できません。

このRME強化がメナス実装時期と同時であれば、全く問題なかったのですが、
IL装備テンコ盛りの今、NTL/モリマー/ケイザを20-30分程度でクリアしても何の感慨も沸きません。

唯一魅力があると感じるのは1PTでモリマー1-5を連戦することですが、
それが出来る固定メンツの多くが休止、
またはFF14をプレイしており環境的につらい人が多いのではないでしょうか。

<スカーム1から学習していない魔神印章BF>
「では新BFならどうだろう?」と魔神印章集めを試しましたが、平均すると1hで3個程。
これを効率よく継続して7-8h繰り返し、1回分の挑戦権。(20個用のBFでRME強化dropの為)

「この難易度なら別のゲームやるか」と思っちゃいます。
新SPの使い所を模索するお披露目コンテンツなのに、すぐに挑戦できないのは致命的です。

開発さん曰く、
「別印章と交換させるとエリア混雑が予想された為、次回交換レートを実装します」
とフォーラムで投稿がありましたが、理解に苦しむ非常に見苦しい言い訳だと感じました。

「ほぼ全エリアにBFフィールドを分散させてあるのに、どういう見積もり?」
「全エリア1000人切が目立つ今の人口事情の中、いつまで殿様運営気分?」

と、このお返事には呆れました。
実装日に楽しませる気が無いのかな、と強く感じた瞬間です。

<息をしていないモンプレ>
予めフォローしますが、モンプレは面白いコンテンツです。
単純な作業なレベル上げが続きますが、FF11の中でモンスターとして楽しめるのは新鮮であり、
プレイヤーとは違った観点でエリアを回れる楽しさがあります。
(虎で敵を無双するの未経験な人は是非、とおススメしたいレベル)

ですが、成長させた後のメリットが今はありません。
PvsPも本当一部の人等がやりたいだけのコンテンツですし、
バリスタが好きだったメンバーも風化し、旬な時期を逃してしまった感が強くあります。

このコンテンツを強化するのは、もっと人が多かった時期(鯖人口平均2000-2500人)位で、
定期的に公式コンテンツとして楽しめる時期であったのなら好評だったと思いますが、
今となっては辺境の地にリゾートを建ててしまった、だけのように感じられます。

<FF11はFF14を競合相手と見ているのか?>
スクエニさんの内部事情は分かりませんが、同じ会社である以上は
「大人の事情=共食いにならない連携」もあると思います。

過去、私の記事では「共存するだろう」と予想していましたが、
「最大限に個々のコンテンツを充実させる」というスタンスではないかと思えてきました。

つまり交互にアップではなく、「両方とも課金させたくなる運営」を目指していると。

これはユーザとしては嬉しい悲鳴でもありますが、
現状だと新しくプレイする事が多く画質もUIも数段上なFF14が有利なのは間違いありません。

<どうすればユーザが戻ってプレイし続けるか?>
答えは明瞭です。
延々と楽しめるコンテンツを定期的に追加し、
どんどん強い武器をエンドレスに追加し成長要素を残すことです。

惰性的にプレイするユーザの多くは、自分の目標を掲げます。
多くは「強い武器を取る」「難しいエンドコンテンツをクリアする」等なのですが、
5月に実装されたされた最上位コンテンツであるメナスを7月にクリアしてしまった層の多くは、
RME持ちでありメナスボス武器を取っても他にやることが無いから辞めてしまった、のだと思ってます。

初期のメナスは敷居高く、戦術もあれこれ考えてやり応えがありました。
クリアするためにリキッドを集めて武器/防具を強化し、
ダウルダウラ99にしてクリアを意気込む人もいる中、突然難易度緩和。
(今でもあれは史上最低のバージョンアップの一つ、と思ってます)

これじゃ目標も何もあったもんじゃないです。
会社として「FF14成功の為に~」という裏背景すら匂わせちゃいます。
(真偽は半々なのでしょうけど、諸刃の刃な気はします)

<今後はどうするか?>
開発はエンドコンテンツを定期的に追加する、と明言しています。
それがやり応えがあり、面白いものであれば私も含め戻ってくるユーザは多くいるでしょう。

ただ、それは新しい新鮮味あるコンテンツであり、挑戦するまでに時間がかかったり、
過去のコンテンツの焼き回しであるならやろうとは思いません。

今月は課金しましたが、新エリアを回ったらログインボーナスゲーで終わってます。

次のアップではミッションBFとの事なので期待したいところです。
メナス位に挑戦しやすいモノを願います。

突入したら一日一回しか挑戦できない、あっという間にクリアして終わった、
とかだと変わらないんだろうな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

はじめまして。
FF11は休止されているとのことですが、よろしければ1つお願いがあります。
現状では身内限定になっているエヌティエルとケイザックのメナス攻略について、
モリマー同様一般公開することは可能でしょうか。
ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

Re: No title

お返事が遅くなり申し訳ありません。
こちらの記事については

・プレイヤー名も記載している事
・当時と今では戦術が装備面/システム面で大きく異なっていること
・wiki等、他サイトの情報のほうが丁寧であること

上記より仮に編集して公開しても価値の低い記事と見ております。
もし必要でしたら編集して公開も検討させていただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。