2012/10/16

レギオン -スタン&天衝の間/敵の特徴 その2-

前回の記事では、
・スタンの性質
・りキャスト短縮装備
をまとめてみました。

今回は敵のWSから、各敵のスタンへの耐性、
各WSと発動の早さからどのような装備にするのが
望ましいか、をまとめていこうと思います。

▼敵のWSの猶予時間
敵のWSは私の中で以下の4パターン、イメージがあります。

・「発動まで約4秒」
怒りの一撃(ウェポン)、急所突き(トンベリ)

・「発動まで約2秒」
フルミネーション(キマイラ)、ゲーツオブハデス(ケルベロス)

・「発動まで約1秒」
ハリケーンウィング(ウィルム)、メガシザース(クラブカタウ)
エラディケイター/バリスティックキック(鉄巨人)

・「発動まで約0.5秒」
オブリビオンスマッシュ(裏王)、ホリッドロア/スパイクフレイル(ウィルム)

発動4秒のWSは、普通にプレイすればまず止められるWS。
発動2秒のWSは、75時代に良く
絶対にスタンするよう注意されたWSの多くがここに並びます。

発動1秒のWSは、75末期以降に追加されたNMが多く使用して来るWSで、
このクラスから止めるのが厳しくなり、ファストキャスト無しでは
失敗する確率も高くなるWSです。

発動0.5秒のWSは、先読み連続魔のスタンで何とか止められるLv。
基本的に止められない、と思った方がいいWS。

75時代、終盤のティアマットのスパイクフレイルを止めた勇者に
皆が大絶賛したのは言うまでもありません。

▼システム通信
ヴァナの世界は1秒/60フレームという世界で動いてます。

FF11では、クライアント(自分のPC)と各サーバーで
1秒に約3回のパケット通信が行われ同期が取られている、と言われてます。

プレイ中はまず意識しない事ですが、スタン止めやNM釣り等、
このコンマ数秒の世界の知識もあるとより深い考察が可能になります。

上記仕様を基に、実際に敵との通信を考察してみます。

「敵のWSの構え~」と表示された時、
サーバー上とクライアント上で最大20フレームの誤差があり
これは秒数で言うと約0.3秒の差になります。

敵のWS構えを見えてから通信を挟み
クライアント表示されてからの猶予時間の誤差が0~0.3秒。

プレイヤーが反応し、スタンのボタンを押下し、
次のクライアント⇔サーバの通信が0~0.3秒の誤差。

更にスタンの詠唱時間0.5秒とすると、最大1.1秒の処理。
よって、キャスト0.5秒の魔法スタンの場合、
ユーザのスタンマクロ押下までの猶予時間は
「発動まで2秒のWS」に対して0.9~1.5秒。

人間の視覚エフェクトに対する反応速度は平均0.2秒と言われているので、
一般的には時間的には0.7~1.3秒の猶予がある事になります。
スタン図解

「発動まで2秒のWS」は処理落ちが無い限り、
慣れ次第で殆どの人が止める事が可能

と言えるでしょう。

では、「発動まで1秒のWS」に対してはどうでしょう。

上記から猶予時間を1秒引くと、-0.3秒~0.3秒の猶予時間。
つまり、処理によっては「発動まで1秒のWS」は「止められない事がある」
という事になります。

▼キャストのキャップが外れて
Lv75以降、キャスト時間のキャップが50%⇒80%になり、
ファストキャスト装備も充実した今のLv99時代は
スタンのキャスト時間もより短くなり、
「発動まで1秒」のWSも止められる確率がアップ。

特に学者の疾風迅雷を使用した場合、発動時間は約0.2~0.1秒以下と言う速さ。
キャストが0.5秒から0.3-0.4秒縮まった事で、
「発動まで1秒のWS」に対しても「0秒~0.6秒」の猶予となり、
止めるのに成功する確率が格段にアップしました。
⇒ とはいえ、油断すると時々失敗

▼「天衝の間」の敵
基本WSは完封前提であるもの、被弾したら全滅、
もしくは大幅に戦闘時間ロスな危険なのは☆

紹介順番は、UchinoLSの倒す順番。

<第1陣>
Soaring Naraka (ナラカ族)
頻度 ⇒ 普通。約10秒に一回ほど
耐性 ⇒ スキル400程あれば殆ど無し
魔法 ⇒ 各ガ3-4系、バインガ、スリプガ、スロウガ、アドル(範囲)、スタン(範囲)

羅刹之断・黒牙(約2秒) ダメージ+衰弱+アイテム不可 ☆
夜叉之型(約1秒) 自身状態異常回復、物理カット50% ☆

羅刹之型(約1秒) 範囲ディスペル*3、魔法カット50%
羅刹之断・枉曲(約2秒) ダメージ+バインド+静寂+アムネジア+ノックバック
羅刹之断・空華(約2秒) ダメージ+麻痺+呪い+ノックバック
夜叉之太刀・虚空(約2秒) ダメージ+全ステータスダウン
夜叉之太刀・地獄(約2秒) ダメージ+防御ダウン+魔法防御ダウン
夜叉之太刀・天維(約2秒) ダメージ+ノックバック+攻撃力ダウン

Veiled Ironclad (鉄巨人族)
頻度 ⇒ やや低い、10-20秒に一回ほど、余裕持ってスタン回し出来る
耐性 ⇒ スキル400程あれば殆ど無し
魔法 ⇒ 氷系精霊、パライガ、バインガ、サイレガ、スリプガ

バリスティクキック(約1秒) 瀕死ダメージ+脱衣+装備変更不可+ヘイトリセット ☆
スカピュラビーム(約2秒) 雷魔法ダメージ+ステータスダウン
タービンハリケーン(約2秒) ダメージ+ディスペル(複数)+ノックバック

Mired Mantis (マンティス族)
頻度 ⇒ 普通。約10秒に一回ほど
耐性 ⇒ 耐性ややあり、スキル450程欲しい所。
魔法 ⇒ 風系精霊、スリプガ、グラビガ、パライガ、ポイゾガII

デスプロフェット(約2秒) 前方即死 ☆
フレムエクスパルション(約2秒) スロウ+静寂+アムネジア ☆

プレイングポスチャー(約2秒) 自身ステータス大幅にアップ
スライシングシックル(約2秒) ダメージ+防御ダウン+ノックバック
ラプトリアルクロー(約2秒) ダメージ+魔法防御ダウン+ノックバック
マセレイティングバイル(約2秒) バイオ+全ステータスダウン

Lofty Harpeia (ハルペイア族)
頻度 ⇒ やや低い、10-20秒に一回ほど、余裕持ってスタン回し出来る
耐性 ⇒ スキル400程あれば殆ど無し
魔法 ⇒ 風系精霊、スリプガ、パライガ、グラビガ

タイフォアンレイジ(約2秒) 脱衣+アムネジア+装備変更不可 ☆
ウィングオブアゴニ(約2秒) ダメージ+麻痺+睡眠
ウィングオブウォウ(約2秒) ダメージ+スロウ+悪疫+バインド
シュリークゲール(約2秒) ダメージ+超ノックバック
レンディングタロン(約2秒) ダメージ+ノックバック
ラビナスウェール(約2秒) ダメージ+沈黙+スタン
レギオン画像_1

<第二陣>
Paramount Ironclad (鉄巨人族)
頻度 ⇒ 普通。約10秒に一回ほど
耐性 ⇒ スキル400程あれば殆ど無し
魔法 ⇒ 無し
特徴 ⇒ ヘイト挙動特殊、マイティストライク使用

エラディケイター(約1秒) 魔法ダメージ+衰弱 ☆
バリスティクキック(約1秒) 瀕死ダメージ+脱衣+装備変更不可+ヘイトリセット ☆

サイズミクインパクト(約2秒) 土魔法ダメージ+強スロウ+テラー
アームキャノン(約2秒) 火魔法ダメージ+HPmax/MPmaxダウン
スカピュラビーム(約2秒) 雷魔法ダメージ+ステータスダウン
タービンハリケーン(約2秒) ダメージ+ディスペル(複数)+ノックバック

Paramount Naraka(ナラカ族)
頻度 ⇒ 普通。約10秒に一回ほど
耐性 ⇒ スキル400程あれば殆ど無し
魔法 ⇒ ドレイン(範囲)、アスピル(範囲)、アブゾタック(範囲)、メルトン(最後のみ)
特徴 ⇒ pop時 羅刹モード?、死に際にメルトン(スタン回しすれば不発)

鬼神技・閻魔(約2秒) 魔法ダメージ+死の宣告(カウント5) ☆
鬼神技・天敬(約2秒) 魔法ダメージ+麻痺+呪い(HP回復×)+アイテム使用不可 ☆
羅刹之断・黒牙(約2秒) ダメージ+衰弱+アイテム不可+スタン ☆
夜叉之型(約1秒) 自身状態異常回復、物理カット50% ☆

羅刹之型(約1秒) 範囲ディスペル*3、魔法カット50%
羅刹之断・枉曲(約2秒) ダメージ+バインド+静寂+アムネジア+ノックバック
羅刹之断・空華(約2秒) ダメージ+麻痺+呪い+ノックバック
夜叉之太刀・虚空(約2秒) ダメージ+全ステータスダウン
夜叉之太刀・地獄(約2秒) ダメージ+防御ダウン+魔法防御ダウン
夜叉之太刀・天維(約2秒) ダメージ+ノックバック+攻撃力ダウン

Paramount Mantis (マンティス族)
頻度 ⇒ 普通。約10秒に一回ほど
耐性 ⇒ 耐性あり、魔法回避率高い、スキル450+α欲しい、終盤は印スタン推奨
魔法 ⇒ 炎系精霊、アドル(範囲)、ウィルス(範囲)
特徴 ⇒ 明鏡止水でデスフロ使用。最も魔法命中を高くしたい相手

デスプロフェット(約2秒) 前方即死 ☆
フレムエクスパルション(約2秒) スロウ+静寂+アムネジア ☆

プレイングポスチャー(約2秒) 自身ステータス大幅にアップ
スライシングシックル(約2秒) ダメージ+防御ダウン+ノックバック
ラプトリアルクロー(約2秒) ダメージ+魔法防御ダウン+ノックバック
イモレイティングクロー(約2秒) ダメージ+悪疫+防御ダウン+魔法防御ダウン

Paramount Harpeia (ハルペイア族)
頻度 ⇒ やや低い、10-20秒に一回ほど、余裕持ってスタン回し出来る
耐性 ⇒ スキル400程あれば殆ど無し
魔法 ⇒ 風&雷系精霊、グラビガ、ディスペガ、パライガ、サイレガ、アドル(範囲)
特徴 ⇒ マイティストライク、連続魔、明鏡止水を複数回使用

タイフォアンレイジ(約2秒) 脱衣+アムネジア+装備変更不可 ☆
ウィングオブアゴニ(約2秒) ダメージ+麻痺+睡眠
ウィングオブウォウ(約2秒) ダメージ+スロウ+悪疫+バインド
シュリークゲール(約2秒) ダメージ+超ノックバック
レンディングタロン(約2秒) ダメージ+ノックバック
ラビナスウェール(約2秒) ダメージ+沈黙+スタン
レギオン画像_2

<第三陣>
Paramount Botulus (ボチュルス族)
頻度 ⇒ 高頻度でWS連発、強力なリゲイン持ち
耐性 ⇒ スキル450は欲しい所、目立ったスタン耐性無し
魔法 ⇒ 各ジャ系、メテオ、メルトン(詠唱時間 約2秒)
特徴 ⇒ アストラルフロウ使用、Lvアップ前は一発300dmg程
Lvアップすると一発倍近くまで膨れ上がり、戦闘場所によっては即死級

スライミープロポーズ(約1秒) 魅了+ディア Lvアップ時のみ ☆
スルーイスプタム(約1秒) 魔法ダメージ+ヘヴィ+ノックバック+ドラウン
ナッシュガトル(約1秒) ダメージ+HPmaxダウン
カイマスリーク(約1秒) 魔法ダメージ+スタン+チョーク
ランシッドリフラクス(約1秒) 魔法ダメージ+ヘヴィ+ノックバック
クラウニングフラタス(約1秒) 魔法ダメージ+スタン+ノックバック
ジャストデザーツ(約1秒) 魔法ダメージ+スタン

Paramount Gallu (ガルー族)
頻度 ⇒ 高頻度でWS連発、強力なリゲイン持ち
耐性 ⇒ 25発程で耐性あり、スキル450は欲しい所
魔法 ⇒ パライガ、スロウガ、ブレクガ、デス(詠唱時間 約2秒)
特徴 ⇒ マイティストライク使用、使用中は通常攻撃のみ。

オブリビオンマント(約1秒) 闇魔法ダメージ+衰弱+死の宣告 Lvアップ時のみ ☆
ディベストゲイル(約1秒) 風魔法ダメージ+脱衣+装備変更不可 ☆
パーディションボルト(約1秒) 雷魔法ダメージ+沈黙+アムネジア ☆

ディルビアルウェーク(約1秒) 水魔法ダメージ+防御力ダウン+魔法防御力ダウン
クルヌギコラプス(約1秒) 土魔法ダメージ+命中率ダウン+魔法命中率ダウン
シーリングハリタス(約1秒) 火魔法ダメージ+バーン
クリップリングライム(約1秒) 氷魔法ダメージ+全ステータスダウン
レギオン画像_3

WSの発動までの時間は体感なので、間違いがある可能性あります。
ざっとみて、

<魔法命中が高く必要な相手>
・Mired Mantis (マンティス族)
・Paramount Mantis (マンティス族)


「虚誘掩殺の策」等を併用。

<全WS発動が早い>
・Paramount Botulus (ボチュルス族)
・Paramount Gallu (ガルー族)


この辺りは連続して戦術書を使用するので、
疾風が間に合わなくなります。
その為、間に合わないとき用にFC装備も用意する事が重要。

次の記事では実践の経験での戦術書の苦労話も交え、
使用装備等をまとめられれば、と思います。
スポンサーサイト
2012/10/16

レギオン -スタンの性質と学者その1-

レギオンで天衝の間をクリアするには、
敵のほぼ全てのWSを完封する必要があります。

まず黒魔法スタンの性質から今一度再確認!

▼スタンについておさらい
スタン/暗黒魔法
詠唱時間 0.5秒
再詠唱 45秒
暗黒37~/黒45~
消費MP 25

最初に魔法の特徴として、
・詠唱時間の短縮は最大-80%、キャスト0.1秒が可能
・再詠唱時間も最大-80%、りキャスト9秒が可能

表記は整数ですが内部的には少数値も保持しており、
同じ1秒でも1.0秒か1.9秒かの違いがあります。

各ステータスを以下に定義します。
・ファストリキャスト(FRC)
・ファストキャスト(FC)
・ヘイスト装備(HS)
・グリモア再詠唱時間(GM)
・クィックマジック(QM)

▼疾風迅雷の章とスタンについて
黒魔法のキャスト&リキャストを半分にするアビリティで、
最大80%の枠組みを更に半分にする事が可能です。

併せれば詠唱時間0.05秒と再詠唱時間4秒(内部的には4.5秒)も可能。

但し、上記限界突破は
・AF2のAGローファーを装備
・術者が雷の天候属性である事

が条件になります。(満たしてない場合はキャスト9秒のまま)

▼再詠唱について
スタン再詠唱時間
= 45*(GM)*(FRC)*(HS)

各式で乗算で整数化(小数点切り捨て)があるので、
細かい計算をする時は注意です。

後に計算される式ほど最終値に影響する為、
重要は要素は

ヘイスト ⇒ ファストリキャスト ⇒ グリモア
となります。

但し例外としてヘイスト値によっては優先順位も変わり、
HS2%とFRC10%では殆どのケースで後者が上に。

上記より参考装備。

<スタン/リキャスト重視>
武器:アパマジャII(FRC 14%)
サブ:アルブダグリップ(HS 1%)
投擲:ヘイスティピニオン(HS 1%)
頭 :ゼルスティアラ(HS 8%)
胴体:ヘデラコタルディ(HS 5%)
両手:レパルティグローブ(FC 2%/FRC 1%)
脚 :ルベウススパッツ(HS 3%)
両足:AGローファー+2(FC 5%/FRC 2.5%)
首 :ジュエルドカラー(FC 3%/FRC 1.5%)
背 :スイスケープ+1(FC 4%/FRC 2%)
腰 :ニヌルタサッシュ(HS 6%)
右耳:ベラッツパール(HS 2%)
左耳:ロケイシャスピアス(FC 2%/FRC 1%)
右指:ベネフィカムリング(QM 2%)
左指:プロリクスリング(FC 2%/FRC 1%)

HS 26%、FRC 23%、FC 18%、QM 2%、GM 10%
スタンリキャ、22秒/疾風 8秒
ヘイストあり、17秒/疾風 7秒
オーラあり、約12秒/疾風 4秒
オーラ+ヘイスト9秒/疾風 4秒

現行versionでの最高りキャスト装備です。
ここまでしなくても、スタン役は最低2-3名はいるので、
リキャストはもう少し妥協も可能です。

特に重要なスタン装備
重要なスタン装備

但しこのままではファストキャストも、
魔法命中も若干心許なく、
敵によっては間に合わない、レジストされる、
と言った事もよくあります。

その上で更に装備をチューニングする考察は、
次回の記事で!
2012/09/25

レギオン

裏でのマロウ取りが落ち着き、8月末より少しずつ開始。

よく一緒に遊んでいたM氏が忙しくなり、
時間調整が難しくなったもの、3陣安定の4陣1-2匹目はいけるようになりました。

主な構成は、

戦暗侍白コ吟
戦暗狩白コ吟
ナシ学学学白

戦 … ラグナ99/ウコン99、ラグナ95/ウコン99
暗 … ラグナ99、アポカリ95
侍 … 小鴉丸99/与一99/村雲99/叢雨丸
狩 … 与一99
吟 … ダウル99+ギャッラル99、ギャッラル+ダウル

コと吟は2名ずついれており、慣れるまではこのスタンスで良いかな…と。
4陣安定にするには、コ/吟を1名ずつにしないと火力的な面で難しいかな、と感じてます。
利点は強化のかけ直しが安定する事、メルトン落ちてもマーチでヘイストが落ちない事。



言葉で語るより動画の方が良いかな?
と思い、youtubeにアップしてみました。
うちはナPTにの白で、ナイトさんと一緒に走っているので
あまり参考にならないかもです。

にこ動でも良かったのですが、こっちのほうが画質が遥かに良いので、
メンバー参考用に撮ったもので良ければヽ(´―`)ノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。